自動売買システムを稼働する前に、FX自動売買システムとはどんなものなのかを理解しましょう。何も分からず始めるのは無謀です。メリット・デメリット、リスクなどについて解説します。

FX自動売買システムとは

FX自動売買システムは、予めプログラミングされたシステムを利用することで自動的に売買取引を行ってくれるという優れものです。一度設定をしてしまえば、FX初心者でも簡単に取引出来るという魅力があります。このシステムは24時間相場状況を感知し注文をしてくれる為、忙しくてチャートを見ている暇など無いという人でも簡単にFX取引ができます。また、FXの経験が無かったり勉強するような時間が取れない人にも簡単です。自動売買を利用する事で、時間的な制約なくFX取引が出来ますので、長期的に利益を出し続けたいと考えている人にはもってこいの投資法です。

FX自動売買システムのメリットとデメリット

先ずFX自動売買システム稼働のメリットですが、システムは24時間休みなく取引してくれますので自分の時間を消費することなくFX取引が出来るという事です。仕事や家事で時間の確保が困難な人でも無理なくFX取引が出来ます。また、人の判断を必要としない為、人間の欲や不安など感情に左右されずに設定した条件で自動なだけに冷静な取引をしてくれますので、不安になって損切りしたり欲を出して深追いして利確タイミングを逃すといった機会損失を避けられる点もメリットとなります。この自動売買システムを利用すれば、利確・損切りを確実に行ってくれますので結果的に堅実な利益の累積が期待できます。

一方でデメリットももちろんあります。自分にとって最適なシステムの選択や自己資金に応じた設定はある程度の経験やシステムの入手ルートが必要になることです。自動売買システムはネット上に無料~有料まで千差万別でこのシステムは開発者のロジックや配布意図などいろいろですのでこの部分をどう見極めるかが大切なポイントとなります。有料版は数百万円するものも存在しますのでその価値を見誤って購入してしまうとFXの収益どころではなくなる可能性も否めません。

 「FX自動売買取引」と「裁量取引」の違い

自動売買に対し裁量取引という取引があります。裁量取引は、経済指標や国際情勢などニュースやチャートから投資家自身が売買タイミングを判断する取引手法(ファンダメンタル分析とも言います)のことです。相場が予想した通りの方向に動けば多額の利益を手にする事も出来ますが逆に予想とは逆方向に相場が変動した場合タイミングを逸すると大きな損失を抱えてしまう事もあり得ることが特徴です。人間の感情に左右され易い投資手法ともいえますので初心者には向きません。

一方で自動売買は人間の感情が入り込む余地がありませんのでまるでロボットのような冷静に取引を実行するように組まれたプログラムが売買を行う取引手法です。優秀なシステムであれば利確や損切のタイミングが絶妙ですのでFXを極めたトレーダーのように大きな利益を得ることも可能になってきます。(ネット上に転がっているシステムは私の経験上粗悪なものがほとんどですので、これに出会えるかはその人の運次第というのもありますが…)

そして、、、

当グループの提供する自動売買システムの稼働結果はこちらこちら

FX自動売買をする上でのリスク

これまで説明してきた通りFX自動売買システムは万能ではありません。稼働実績が良い状況が続いていたとしても、それが今後も継続的に続くとは限らないと認識しておくことも重要です。特に、ポジションを保有中で資金が耐えられなくなり強制ロスカットになってしまうと、利益を得るどころか投資元本が減少してしまう可能性もゼロではありません。証拠金(投資金)が不足しない様に証拠金維持率も確認して500%を下回ってきたら資金を追加する等の対応を取って資金を守りましょう。

当グループではサポートLINEにて適宜アナウンスしてます(^^)

 

トップページへ戻る